マンションは貸すよりも売却する方が高い利益を得られます。

売却により高い利益を得られた

住宅ローンでマンションを購入 / 売却により高い利益を得られた

さて、新居で幸せな生活を私たちは送っていましたが、ある時、思いもかけなかった事態がやって来ました。
東京への転勤です。
しかも、辞令をもらってから引っ越さなければならない期間は思いのほか短く、早いうちに「家をどうするか」について考えなければなりません。
私たちは、古くから知ってる不動産業者、そして同じ経験のある会社の同僚などの知恵を借り、「自宅を売却する」ことに決めました。
そのように決めた理由はいくつかあります。
まず最初に、手っ取り早く大金を手に入れられることがあります。
ご存じのように、不動産は時間が経てば資産価値が目減りします。
例えばこれを仮に「賃貸として貸す」方向に決断したとしましょう。
そうしたら水道なんかの設備の老朽化が進み、契約更新の度に、家賃設定を安くしていかなければならない場合があります。
また、この「大金」は、例えば次に自宅を再度購入するときの頭金ともなるかもしれません。
次に、資産を老朽化させる前に「現金化」が出来る点にあります。
先にも言ったように、不動産は時間が経てば老朽化し、資産価値が目減りします。
これに対して、現金は、銀行に預けさえすれば、目減りどころか利子が付き、むしろ増えます。
そして、それは不動産を売却した金額です。
利子だけでも馬鹿にできない金額です。
最後に「借主が現れないことに対するリスク」等もあります。
よく不動産関連の財テク広告などで、「利回り」的な表現がしばしば使われているみたいですが、あれは多分、「借り主」が継続的に居る場合を指している表現であり、その人達が居ない、つまり「空き家」の状態のことまで言ってはいないと思われます。
私は思うのですが、仮に「賃貸として借り主」を募集したとしても、そこに応募が無かったら、多分、大損をするリスクもあることでしょう。
以上の理由から、私は「売却」を選びました。
そして、私は十分な「利益」を得られたと確信しています。
マンションは貸すよりも売却する方が高い利益を得られます。
」と言う言葉、本当です。